スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国戦

昨日の韓国戦は凄かった・・・夜中ながらも一人白熱してみてましたよ。
雨のためスタートはセーフティーカー先導でのスタート。見てるだけでもズルズルと滑っているのが確認出来るほどグリップのないコーナーでの立ち上がり。めまぐるしく変わる順位と相次ぐリタイア・・・最後まで楽しく見れたレースでした。
しっかしレース序盤のあの切りとも言える水しぶき見てて怖い。これ本当に無事走れるの?っていうぐらい前が見えてなさそうだ。それであの長いストレートをアクセル踏んで飛ばして、ブレーキングしてギア落として前が抜けそうなら抜いて、車体がスピンしないように気をつけてと1つの道を走るにしても気にすることが多すぎる・・・本当プロってすげぇなぁと改めて感心。雨のレースは毎回感心してる気がするけど・・・
ともかく今回のレースは前も後ろも熱い戦いだった。前は前でヴェッテル、アロンソ、ハミルトンの3人でプレッシャーを与えて抜くチャンスを伺ってるし、後ろは後ろで前の順位のマシンを攻めて抜いたり抜かれたりしてあっちもこっちも展開が忙しかった・・・見てる分には凄い面白かったんだけど走ってる方はそれどころじゃないんでしょうね。
取りあえず今回不運なのはヴェッテルとロズベルグかなと思っております。常にシューマッハより前を走っているのにパフォーマンスに不満を持たれているロズベルグ。今回は予選もいいし本戦も4位を走っていたというのにウェバーのスピンに巻き込まれリタイア。あと目の前でスピンされて躱したアロンソは凄かった。
ヴェッテルはヴェッテルでまたもマシントラブルによりトップだったのにリタイアと、終盤のレースでマシントラブルによるポイントなしとか不運すぎる・・・
でもって、印象的だったのはヴェッテルのマシントラブル時にフェラーリとマクラーレンのピットクルー達がガッツポーズとって喜んでいたのが印象的。
で、その件は『ザウバーのチーム代表ペーター・ザウバーが「“スポーツマンらしからぬ”ふるまい」と非難した。』らしい、まぁ気持ちは分かりますけど中継されたのがまずかったと思う。
とまぁ凄く楽しかったレースでした。前回の鈴鹿の時からなのですが、ゲームやってコースレイアウト覚えてテレビ見てたら前以上に面白く感じてきた。テレビだと一部一部しか映らないんでレイアウト覚えてないとその場のやりとりしか見えないけど、覚えてると次のコーナーをその位置からどうやって切り返すとかある程度テレビ前で予想が出来て凄く楽しい・・・こりゃまた次のブラジル戦までにコースレイアウト覚えておかないと・・・
次は11月7日に決勝。日本時間にして25:00らしいからうまくいけば生放送で見れるかも・・・まじ楽しみだ(^ω^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
最新コメント
応援バナー
境界線上のホライゾン 境界線上のホライゾン倉庫 魔法使いの夜 Chaos
プロフィール

エンブリヨ

Author:エンブリヨ
当ページはライトノベル作家「川上 稔」氏とTYPE-MOONをこよなく愛するエンブリヨが管理するブログです。最近カテゴリ編集が結構適当なことに気づく

リンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。